ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)

ダウン症は、体細胞の21番染色体が1本多く存在し、計3本(トリソミー症)持つことによって発症する、先天性の症候群です。
21番目の染色体が多いため、21トリソミーとも呼ばれています。

現在の社会では、ダウン症の出生率は増加しています。
また1910年にダウン症のある子どもは、9歳までしか生きられないと言われていましたが、
現在は医療技術の進歩により、平均寿命も長くなっています。
臨床治療の進歩、とりわけ心臓手術技術の向上で成人の多くは80%が60歳に到達しています。

ダウン症は、人類史上最も多い遺伝子の症候群と言われています。
次の各ページでダウン症について解説します。