アクセプションズとNPO法人女子カラダ元気塾のコラボ企画の御案内です。

「インクルーシブ教育」の作り方を知っていますか?

そのヒントが映画「みんなの学校」には詰まっています。
この映画は日本におけるインクルーシブ教育の成功事例の一つである大空小学校のドキュメンタリーです。

インクルーシブ教育の取り組みは一筋縄ではいきません。
学校の現場(子供、先生、保護者)で発生する問題・課題をどのように解決に導いたか、校長先生の解決方法を観る・知ることで、ああ、こうやってインクルーシブ教育は現場に馴染んていくんだ、という発見があります。

今回は映画鑑賞で発見していただき、大空小学校の元校長先生の木村泰子さんによる「インクルーシブ教育って何だろう?」のお話でさらに理解を深めます。

このイベントを通じてインクルーシブ教育とは何かが分かります。

s_mg2016

【イベント名】
映画「みんなの学校」上映会&講演会「インクルーシブ教育って何だろう?」

【映画の内容】
大空小学校がめざすのは、「不登校ゼロ」。ここでは、特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげてきました。

【開催日時】
2016年4月2日(土)
※会場はM.O.D.S.でお馴染みの大手町・パソナホールです。

<第一回>(お子さん同伴優先タイム)
9:30 開場
10:00-11:50 上映(オープニング+上映106分)
11:50-12:00 休憩
12:00-13:00 講演会

<第二回>
13:30 開場
14:00-15:50 上映(オープニング+上映106分)
15:50-16:00 休憩
16:00-17:00 講演会

【料金】
一般(13歳以上) 2,000円
小児(6から12歳まで) 1,000円
幼児(5歳以下) 無料

【お申し込み】
以下のサイトよりお申し込みください。
http://mg2016.peatix.com


更新 2016.04.04

おかげさまで大盛況のうちに終えることができました。

映画「みんなの学校」上映会&講演会「インクルーシブ教育って何だろう?2016/04/02 (土) 10:00 – 17:00会場 大手町パソナグループ本社ホールhttp://mg2016.peatix.com撮影・木村 雅章http://kimura-masabumi.tumblr.com/

NPO法人アクセプションズさんの投稿 2016年4月3日