M.O.D.S.(Music Organization for people with Down Syndrome)Vol.1
未来へのサウンド ~すべての人々をつなぐ音楽の集い~

民族や思想の違いを乗り越えて、世界へと広がっていく音。
まっすぐに胸へと届く音。
何ものにも縛られない、生まれたてのまっさらな音。
きっとそれらが世界を、そして私たち自身を変えていく。
そんな想いを形にした、音楽フェスティバルが開催されます。
奏でるは、こころの垣根を軽やかに跳び越える、音の越境者たち。
あらゆる境界を越え、 未来へのサウンドが響きあう一日へ、ようこそ。

【出演アーティスト】


新倉壮朗 with マライカ(African Drum) 魂のパーカッショニスト
※写真撮影者 足立剛一

1986年生まれ。ダウン症。幼少より音に豊かな反応を示した。
特にリズム感は抜群で、体や楽器での表現は目を見張るものがあった。
8才の頃、即興弾きするピアノの音はすでに独特の世界を持っていた。
11才の時、アフリカのセネガルの太鼓「サバール」を知る。
その後、在日のアフリカンミュージシャン達と演奏を重ね、サバールやジャンベで思いのたけを響かせる。
2002年より「新倉壮朗の世界」と題して定期的にコンサートやミニライブを開き、パワフルなステージを繰り広げている。
各地でタケオにしか出来ない、タケオだから出来るオリジナルなコンサートを太鼓仲間マライカと共に発信し、音を楽しむ魅力をメッセージしている。
2008年、念願のセネガルに行き、現地の人々の輪の中でたたき、踊り、歌い、満喫する。
2011年、セネガルでの様子を中心にタケオと人々、音楽を介したコミュニケーションを描いたドキュメンタリー映画「タケオ」が完成し、全国で公開中。
サバールの神様ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ氏は「すごいエネルギーを持ったアーティスト」と評価した。
イギリスのアミキイギリスのアミキ・ダンス・カンパニーの主宰者ウォルフガング・シュタンゲ氏は「感じた心を音と体で表現する能力は natural giftであり、偉大な creative artist 」と絶賛している。

http://niikuratakeo.net
http://takeoyume.exblog.jp

マライカ(新倉壮朗with friends)
2002年よりタケオのノリノリの音楽が好きな仲間たちが集まり、各地のイベントにタケオと共に出演し、パワー溢れる演奏を展開している。2007年バンド名をマライカ(スワヒリ語で“天使”)と決めた。


MIMO(Vocal)世界に発信されたGIFT

結婚前からソロシンガー、タレントのバックコーラスをしていたが、ダウン症のある娘を授かったことでシンガーソングライターに転身。
娘の誕生日プレゼントに書いた曲「ギフト」をYouTubeにアップしたところ、反響が大きく「世界ダウン症の日2012キャンペーンソング(DSI)」に起用。4ケ国語に翻訳されて世界へも発信された。また2012年11月にNPO法人アクセプションズによって日本人としては初めて開催された、ダウン症のある家族たちによる「バディーウォーク」のテーマソングにも起用される。現在はイベントなどで前述の「ギフトプロジェクト」を展開中。やさしさが広がるような音楽活動を行っている。
・「ギフト」YouTube URL : http://www.youtube.com/watch?v=0SX2yH52vmI


豊田耕三(Irish Flute &Whistles)新たな息吹で奏でるアイルランド伝統音楽

東京芸術大学音楽部楽理科卒業(音楽民族学)、同大学大学院音楽研究科修士課程修了(音楽教育)。アイルランド伝統音楽で重要な位置を占めるフルートおよびティン・ホイッスル、ロー・ホイッスルを究めるべく、国内から本場アイルランドまで、数多くの名手に師事。日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本選に出場するなど、内外での評価を高める。その一方で、谷村新司・ゆず・坂本龍一・葉加瀬太郎・小林明子などのレコーディングに参加。ジャンルを越えて注目を集めるアイリッシュ音楽の演奏家の一人である。今回は主催するToyota Ceili Bandを率いてのパフォーマンスとなる。
http://www.kozo-toyota.com/


タテタカコ(Vocal,Piano)静寂と激動を行き来するピアノの旅人

ピアノの弾き語りという素朴なスタイルの中に、パンクからアヴァン・ポップまでありとあらゆる表現分野を内包する、ワン&オンリーのシンガーソングライター。カンヌ国際映画祭で主演の柳楽優弥が最優秀男優賞に輝いた映画「誰も知らない」では主題歌「宝石」を歌い、役者として映画にも出演。ARABAKI ROCK FESを始め、夏フェス等へのイベント出演も多い。2012年3月にはタテタカコ with element of the momentによる東日本大震災被災地支援チャリティCD「十一月」をリリース。福島の震災1年後を取材したドキュメンタリー映画「花見山の春~FUKUSHIMA~」では主題歌「ふるさと」の作曲・演奏を担当している。
http://www.tatetakako.net/


・この他、パソナミュージックメイトによるピアノとタップダンスの演奏が予定されています。
http://www.pasona.co.jp/music-mate/

子供や大人が踊りだせるようなスペースもご用意します。

※開演時間前後には楽器と触れ合う場所を用意します。
面白い楽器もありますよ!お楽しみに!

propanota

 

カメラマン川田たいしミニ写真展 「偶然と奇跡のハーモニー」展もやります!
ハワイの空気感を切りとった素晴らしい作品にご期待ください!
川田たいし

◆イベント概要

参加費前売 2,000円(税込・全席自由) ※5歳未満のお子様は無料です
※早割 1,800円(税込・全席自由) (いずれも予定枚数終了次第、販売終了)
チケット購入はこちら→http://peatix.com/event/8594/

日程 2013年3月23日(土) 13:00 – 17:00
時間 13:00 開場
14:00 開演
16:00 閉演
17:00 閉場

場所大手町パソナグループ本社アクセス【JR東京駅】 日本橋口
【東京メトロ】 大手町駅 B9出口
【東京メトロ】 日本橋駅 A1出口
※駐車場はご用意しておりません。
共催パソナグループ協賛narrative nights 株式会社後援財団法人 日本ダウン症協会
アイルランド大使館パートナ事業認定横浜市第5回アフリカ開発会議(TICAD V)主催NPO法人アクセプションズチケット購入チケットはペーパーレスオンラインチケットサービス「PeaTiX」を利用しています。
クレジットカード決済、コンビニ/ATM決済をご利用いただけます。